詳細を見る MEDプレゼン2017@ 秋の陣 由利本荘開催決定!

 MEDプレゼン2017の開催が決定しました!

MEDプレゼン2017を 2017年924日(日本科学未来館 未来館ホールにて開催します。

いのちの現場で 社会を良くしようと 取り組む 医療人が

日本全国から 一同に 集結し

その内なる思いを プレゼンテーションというスタイルに 凝縮し

聴衆に 送り届けます。

その場に 参加することが 大きな一歩となる。

たくさんのみなさんの参加をお待ちしています。

※当日のご参加を受け付けています!

直接、会場までお越しください。

お待ちしています。

MEDプレゼン

MED プレゼン2017プレゼンター

岡山慶子

岡山慶子

 

「ピンクリボン活動、認知率95%の秘密~社会の課題を企業活動を通して解決~」

「社会をよくするしくみ」を、ビジネスを通して実現しようと1986年に朝日エル設立。

当時の社会状況から健康・医療・福祉、教育などをテーマにした仕事が多かった。

2000年頃から最先端治療のみならず予防、早期発見、患者さんの生活を支えるなどを積極的に行っているアメリカの病院を訪れ、そのしくみを知る。

そのことが医師たちと共に、日本で最初のピンクリボン運動の組織づくりに関わることとなる。

世界で130か国目の遅いスタートではあったが医療者と患者、企業、行政、マスコミなどを広く巻き込み、その認知率は95%となった。

 

乳がんに罹る人は毎年増え続けている。

12人に1人の女性が生涯の間に乳がんに罹り、2020年頃には毎年10万人の女性が乳がんに罹ると推計される。

このような状況でピンクリボン運動の広がりと質の向上のためには、受診のきっかけをつくる人達への正しい知識の普及が必要であると分かり、2013年にピンクリボンアドバイザー制度ができた。

現在アドバイザーは8,016名となった。

他者への思いやりや細やかさなど日本人特有の精神性を生かしたことが成功の一因と考えられる。

谷川啓司

谷川啓司

ビオセラクリニック 院長

「がんとどう戦えばいいのだろうか?」

2人に1人はかかる癌。

この病気を多くの人は恐れ、早く治る病気にならないかと期待する。

ただ癌が無くなることはない。

どうすればこいつとうまく向き合えるのか。

それには考え方の大きな変換が必要な時もある。

がんとは役立たない細胞が増えるという病気。

そして増え続けて転移する。

増え続けた細胞はやがて塊になってヒトの身体を蝕んでいく。

でも、がんだとなぜ死んでしまうのか。

いったい癌の治療は何をしているのか?

 

手術という強力な治療がある。

でも肉眼で見えない細胞には手術できない。

ただの塊がある場所の局所的な治療だ。

抗がん剤は良いも悪いも強力な全身治療である。

ただし、その効果に免疫が裏方として働いていることを知らない人が多い。

免疫は大切だ。

それは誰もが知っている。

ただ、どうすれば免疫を上げられるのか?

免疫が上がればがんは治るのか。

そんな単純ではない。

ただ、免疫を上げることが確実に治療を有利にさせる。

それを全ての人が理解するべきだ。

大浦敬子

大浦敬子

株式会社おとなの学校

「どこでもいつでもおとなの学校 〜要介護高齢者だって学びたい〜」

おとなの学校は、介護施設から始まりました。

たとえ要介護になっても学ぶ場所です。

朝から夕方まで、朝礼に始まり、1日授業が続きます。

介護は授業の間の休み時間にやるのです。

デイサービスでは、給食の準備もみんなでやります。

時節には、成果発表会を行い、それまでの通知表を渡します。

もちろん、「全甲(オール5)」の通知表を。

 

「おとなの学校」という仕掛けは沢山の高齢者を元気にしました。

そこで、これを全国に広げるべく、

「おとなの学校」のノウハウがぎゅっと詰まった高齢者向けテキスト

「おとなの学校メソッド」を作り、平成15年4月から販売。

平成17年7月現在、全国260施設、発行部数6000千冊弱となりました。

 

私は医師で、医療法人の経営を親から引きつぎ、

地元熊本で介護ビジネスの会社を作り、

社会福祉法人を作って運営してきましたが、

この「おとなの学校メソッド」を広げることで

新しいビジネスの海に航海し始めることが出来ました。

 

これからは、日本中の高齢者に元気と笑顔をお届けするこの仕事を

大きく成長させる所存です。

亀井倫子

亀井倫子

三鷹の嚥下と栄養を考える会 代表 歯科医師

「嚥下食の境界線 ~美味しい幸せをあなたと~」

テーブルに並ぶごちそうは

まるで芸術作品の美しさ

口の中でとろけて 鼻に抜ける風味

「美味しい!」と感動できる幸せな時間

 

“最期までこんな幸せな時を刻みたい”

 

三鷹の歯科医院在勤時に

在宅診療・嚥下障害に出会い

「食べること」に悩む当事者・家族に出会い

 

医療の限界を感じる中で湧き上がった問い

 

「医療の枠を超えて自分にできることは何か?」

 

そうして「三鷹の嚥下と栄養を考える会」は生まれました

 

「人間、最後に残るのは“食とエロ”」

そんな「超真面目な悪ふざけ」の企画「kaigoスナック」を通じ

街の飲食店で嚥下食を食べつつ知識を得られる

ゆるく楽しい場を作ってきました

 

そして私たちは新たな取り組みを始めます

 

今、様々な場面で「境界をなくす」というパラダイムシフトが起こりつつあります

例えば 認知症の人とそうでない人

「違い」はどこから生まれるのでしょうか

 

私たちは嚥下食と常食の境界をなくしたい

障害があってもなくても

美味しいと感動できる食事を当たり前にしたい

 

私たちの挑戦が始まります

中尾彰宏

中尾 彰宏

ドクターズモバイル株式会社 医師/エンジニア/経営者

「AIと共存する医療」

私はエンジニアです。

3年前までは自分がAIの開発をするなんて思っていませんでした。

でも、今は毎日のようにその開発に取り組んでおり、キーボードやマウスと同じように、AIを道具の一つとして使いはじめています。

 

世の中にCTが登場したとき、これで体の中のことは何でもわかると思った人がいたでしょう。

DNAの配列が解明されたとき、ヒトのからだのあらゆる仕組みが明らかになると思った人がいたでしょう。

同じようにAIが登場したとき、ありとあらゆる仕事がAIによって置き換えられると思っている人もいます。

 

本当に私たちの仕事はAIに奪われてしまうのでしょうか。

私たちはどの程度AIの登場を恐れたらよいのでしょうか。

 

AIが医療を支える時代は必ずやってきます。

そのとき、AIをチーム医療のメンバーとして快く迎え入れ、私らしい仕事に集中できるように、一緒に準備を
はじめませんか。

 

小林悦子

小林悦子

生活を支える看護師の会 会長

生ききるための「看取り援助」

高齢化した日本。

「看取り」という言葉がよく聞かれるようになりました。

しかし、多くの人は「死ぬ間際のこと」と考えているようです。

看取りの日は死亡の日ですが、特別養護老人ホームなどで行っている「看取り援助(介護)」は、その日、その時まで「生きる力」をケアの力で支え、生ききっていただくことです。

これが、介護保険が看取り介護加算要件として求める「家族を後悔させない看取り援助(介護)」に必要なことを学んできました。

施設に入れた家族の想いに寄り添い、ケアに参加してもらい、家族に主体性を持ってもらいます。

これまでどう生きて来て、この先の人生をどう生きていきたいのか?

どこで生活して、どう死を迎えたいのか?を早い時期に決めることを支えます。

介護施設が支える新しい看取りの文化が介護の価値を高めています。

田中志子

田中志子

 医療法人 大誠会 内田病院(群馬県認知症疾患医療センター内田病院)  理事長 

「ひとくくりにするってどうなんだろう!?
―運転免許と認知症―」

2017年3月12日、道路交通法が改正された。

新しい改正では、「認知症の恐れあり」の人が全員専門医の受診をすることになった。

また、免許の更新時期ではなくても、75歳以上の方が、

新たに定められた18項目の事故を起こした際に認知機能テストを受けて、

「認知症の疑いあり」であれば即座に専門医の受診を促されるという

これまで以上に厳しい運転免許返納要件が課せられている。

専門医は、認知症があれば認知症と診断しなければならない。

一方で認知症という診断が付くと、程度や生活への必要性に関わらず、運転免許の返納を求められる。

運転免許は、過疎地や山間地域では命綱と言ってもいい。

認知症になったら免許返納というルールは、

田舎の認知症の人の暮らしを大きく変えかねない。

このことについて問題提起したい。

岡田克之

岡田克之

桐生厚生総合病院 皮膚科

赤城の麓で、言魂を放つ 〜「MEDプレゼン@ぐんま」への想い〜

私は、皮膚科医です。でもね、それだけじゃない、ウズウズする気持ちがありまして。「常識は置いてから、来い!」2013年のMEDプレゼンに痺れ、そして2015年、あの赤い丸絨毯に乗りました。なんという快感、それは伝えたい欲望が満たされたからでしょうか。

 次は地元でMEDプレゼンを!できるのか?いける!赤城の麓で言魂を放ってもらおう。2017年5月21日、その日はアッという間に過ぎました。自薦プレゼンターを経験した同郷3人「チーム前橋」で取り組み、多くの仲間に助けられて。

 何かを極めようとしている人が好きなのです。私など何もやれていませんが、でも良くしたい、この街を、社会を、日本を。医療に無関係なことなんてない。インスパイアされたプレゼンを多くの人に聴かせたい、それが私のできることでした。

 人と向きあえ!溢るる情熱を言魂に。群馬でのキーメッセージです。絵本の読み聞かせと同じく、感想は尋ねません。きっと皆さんの人生に影響したと信じて、さあまた来年!

小澤いぶき

小沢いぶき

NPO法人PIECES
東京大学先端科学技術研究センター
児童精神科医・精神科専門医

未来の豊かさを創っていくための社会処方箋

例えば、急に仕事がなくなったり、

急に病気になって外に出られなくなったら、

例えば孤立したら。

私たちが、今は起こっていないかもしれないことも、明日起こるかもしれないこと。

精神科を経て、児童精神科として臨床に携わる中で、関係性、経済的、健康、様々な格差の中で生き抜いている人たちに出会いました。

その方たちの物語を聞く中で、それは他人事ではなく、誰にも起こりうることなのではないかと感じてきました。

同時に、誰もに、コンタクトパーソンのような、安心と信頼とネットワークがある他者との関係があるというのがインフラになっていくこと、

そのインフラの上に新しい社会の処方箋を作っていくことが、これからのメンタルヘルスケアに必要なのではないか、

そして、何かがあっても何とかなるこれからの豊かさの基盤につながるのではないかと感じ、今の活動に至っています。

 

関係性の格差、つまり孤立は健康格差にもつながり、虐待の体験はその後の人生に影響を及ぼす。一つ一つの課題は、切り離すことができない、

複雑に絡み合った課題です。そして、その課題や社会の歪みにより、真っ先に困難に陥りやすいのは、 実は、こどもだったり、

弱者と言われている方である可能性があります。

困難は、目に見える困難さだけではありません。心の傷であったり、そのことを誰にも理解されず、尊厳を奪われていく中での絶望であったり、

それを誰にも話せずに生き抜いている力とともにある、孤独感だったり。

私たちは誰もが弱さを持っていて、それを前提にした社会を作れる強さも持っているのではないかと思います。

誰もが、弱さを持っていると考えた時、今弱者と言われている方々を、支援するという視点だけでなく、

その方からの物語に耳を傾け、そこから見えて来る社会の構造的課題と、今の社会にある健康的な資源や可能性とを組み合わせて、

多分野の人(医療福祉教育分野の人だけでなく、現場の人、子供若者、多分野の専門家や、研究者、企業、アーティスト、デザイナー、エンジニアさんたち)とともに、

これからの未来に必要な、地球の幸せと継続性を、そして、人の幸せを作っていくような新しい処方箋を一緒に作っていけたらと思っています。

MED プレゼン2017 自薦プレゼンター発表

永井弥生

永井弥生

群馬大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部長

「“変える”ということ“変わる”ということ」

この3年間で私の職場は大きく変わりました。

そのきっかけを示し、変わる過程にずっと関わってきました。

医療者は、患者にとっての最善を軸として考える必要があり、そのために客観的に認められる必要な体制がとられていなければなりませんでした。

何かおかしいと思っても、そのままに流れてしまっては組織を変えることはできません。

変わる過程では様々な問題もありましたが、時に大胆にそして時間をかけて大きな変化となりました。

医療者と患者、それぞれの立場での物語があります。

両者の理解が大きくずれているのに医療者が気づかないこともあります。

医療者と患者だけでなく、大きく医療と社会をつなぐ必要も感じます。

さらに、医療は、変化していく社会に求められる形に変わっていかなければなりません。

安全の体制を作り、安心の医療を提供するために、変えるべきことを具体的に考え実行して変わっていくことが求められます。

終わりはありません。

大髙美和

大髙美和

こどもでいさーびすにじいろ 管理者/管理栄養士

障害のある子どもたちが子どもらしく育てる居場所を創る~共に生きる、共に育つ~

障害があっても子どもが子どもらしく、お友達と一緒に太陽の光をいっぱい浴びながら育ってほしい。

私たち障害のある子どもの母親、家族の願いです。

しかし重度の障害や医療的ケアが必要な子どもたちは、安全安静に過ごすことが中心となり、通園施設などの居場所はもちろん、遊びの場がとても少ないことをご存じでしょうか。

そこで「なければ理想の居場所を創ろう!」と日野市障害児サークルぞうさんの会の母たちが児童発達支援事業こどもでいさーびすにじいろを立ち上げました。

病院に務める管理栄養士だった私は一大決心して病院を退職。

障害のある娘を育てながら理想の子育てをみんなで考え実現しています。

子ども、家族、スタッフみんなで楽しみながら一緒に子育てする。

看護、介護というよりも「子育てを支える」ことを大切にしているにじいろのことを知ってください。

こんな場所が全国にたくさんできますように。

母の願いを込めてお話させていただきます。

小磯 麻有

小磯 麻有

一般社団法人シニアチャレンジッドメンタルビューティー協会(SMBA)
宮城県名取校 講師

福祉ネイリスト活動について

2014年大阪からスタートした福祉ネイリスト、宮城県では2015年9月から活動が始まりました。

主に、介護施設や福祉施設、医療施設で高齢者・障がい者・療養中の方に向けた訪問ネイルサービスを行っています。

「ネイル=おしゃれ」というイメージを持たれる方が多いと感じますが、福祉ネイルは、会話のコミュニケーションや手を触れ合うスキンシップを大切にしています。

ネイルを通じて「癒し・希望・元気」そして「笑顔」になっていただくことを目的とした福祉ネイリスト。少しでも多くの方へ笑顔を届けられるように、介護予防やQOLの向上につながるお手伝いとして向き合いながら活動をしています。

ネイルをすることにより表情が豊かになり、不思議と周囲を巻き込むほどの明るい空間へ!

日常生活の変化につながる効果も挙げられています。

まだまだ認知度が低く、福祉ネイリストの存在を知っている方が少ない現状です。

MEDプレゼンでは、上記で述べた活動内容を知って頂きたいと考えております。

訪問施設様での様子や実際の声を含めた紹介など、介護施設でどのような形でネイルを取り入れているかなどを紹介します。

介護・医療の場でよりよいケア作りにつながることに想いを込め、この訪問ネイルサービスを

新しいカタチとして皆様にお伝えしたく応募致します。宜しくお願い致します。

大平智祉緒

大平智祉緒

一般社団法人日本ケアメイク協会所属 / NOTICE主宰

「キレイ」 は 「生きる力」 になる

高齢者医療の場で看護師をしていた私は
最期まで複数の管に繋がられ、
亡くなっていく方をたくさん見てきました。

「これは本当に必要な治療なのか」
「本当にご本人が望む最期の姿なのだろうか」
疑問や葛藤を感じました。

そんな時に出会ったのが “メイクセラピー”。
認知症でいつも無表情だった80代の女性患者さんに
看護学生がメイクセラピーだと言ってマニキュアを塗りました。

マニキュアを塗られたその方は
ずっと自分の爪を見つめ
私の声掛けに
見たことのない愛らしい笑顔を見せてくれました。

 

認知症があっても ご高齢であっても 療養中であっても
「きれいになること」は幸せなこと。
私たちと何も変わらない。

そして
「きれい」は自分自身を慈しむこと。

「きれいね」と、周りから声を掛けてもらえることは
周りの存在を再認識できること。
自分の存在を認めてもらえること。

肌に触れ 心に寄り添い 美しく彩る 
そんなメイクセラピーを ケアの1つとして広げています。

前田信吾

前田信吾

フリーランス解剖学講師

死から考える…「告知」は誰の為?

私は歯科医で解剖学講師。父は歯科医、そんな私が驚愕した母からの電話。

それは、病院嫌いの父が病人と見え始めた瞬間だった。

母の願いは、是が非でも父を病院へ連れて行く事。

友人の医師に頼んで無理やり病院へ。
ミッション開始時から私の中で生じた、医療人と家族の狭間での葛藤。

検査へ行く事に成り、患者として告知を望まない父。

その後に検査及び原状回復目的で行われた手術。

術中に家族に告げられた病名と余命。

父への告知後、男性・息子・同業者の立場から向き合えた父との時間。

手術後に行われた数々の精密検査。

やはり告知を望まない父…しかし医療の現実はそれを許してくれない。

悪い検査結果を聞く度に疲弊し、徐々に弱っていく父。

術後17日、父絶命。

父が最後まで貫いた、知りたくない。

しかし医療従事者の義務として手術や検査結果の告知があった。

この事から「患者と医療従事者の関係」、「家族と医療従事者の関係」 …

そして「告知」は誰の為?

西沢桂子

西沢桂子

株式会社BRALABO

早期治療と再建手術の実情を放ってはおけない。
手術はしない乳房再建

BRALABOでは「身体的リスクはなく」「美しい左右対称で」「生活がしやすい」リカバリーをするために、ブララボのオリジナルブラジャーと、型取りや模型調整をしながら仕立てるシリコン乳房(パッド)を使った、「手術はしない乳房再建」を提供しています。

神様から授かった乳房は戻ってこないけれど、女性の望みを叶えて期待を裏切らない、今できる精一杯の方法と確信しています。

ファッションと下着の専門知識のフィルターを通して、女性がその身体で長く生きて行く日常を尊重した開発です。

医療と下着の現場にあった様々な常識を覆し生まれた新しい価値観は、これから乳房再建にパラダイムシフトを起こし、真に女性を幸せにすることを目指します。

MEDプレゼン2017では自薦プレゼンターを公募します。(終了しました)

自薦プレゼンターは午前のプレセッションでの登壇を基本としますが、午後のメインセッションでの登壇もあります(昨年度)。

チーム医療フォーラムのミッションである「参加する医療で、社会を良くする」に賛同し、活動する方であれば、職種や立場、性別、年齢、国籍など問いません。

医療関連以外の分野からの応募も大歓迎です。

昨年度は「21名」の方から応募を頂き、「6名」の登壇者を選出しました。登壇のみならず、応募をきっかけに、自らの活動を振り返り、これからの道を探る。さらに一歩を踏み出すきっかけになったという感想を多くいただいています。応募は何度でも、どなたでも受け付けます(これまでに登壇された方の再挑戦でも構いません)。多くのみなさまからの応募をお待ちしています。

※自薦プレゼンターに登壇決定した方はMEDプレゼン2016への参加登録が必要です。

※今年度もリクルート メディカル キャリアアワード の選考を予定しています。

昨年(2016年)の様子はこちら>>第2回リクルート メディカル キャリアアワード 発表から。

 

自薦プレゼンターの応募は締め切りました。
たくさんの皆様からのご応募をいただき感謝申し上げます。

自薦エントリー

 MED プレゼン2017 概要

期日
  • 2017年9月24日(日)
時間
  • 10:30〜17:00
  • 1stセッション 10:30~11:30
  • 2ndセッション 13:00~17:00
  • 懇親会 17:30~19:30
  • 受付 9:30~
場所
  • 日本科学未来館 未来館ホール
  • 東京都江東区青海2-3-6
  • 新交通ゆりかもめ 「船の科学館駅」下車、徒歩約5分/「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
  • 東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分
  • 無料巡回バス「日本科学未来館」下車
  • ※ 臨海副都心内を無料で巡回しているバス「東京ベイシャトル」(11:00より20:00の間、17分~20分間隔で運行)

参加費

【事前登録】

チーム医療フォーラムサポーターの方同時登録を含む

事前参加 懇親会
3,000  ¥3,000

一般参加の方

事前参加 懇親会
5,000  ¥4,000

【当日参加】

参加費 懇親会
6,000  ¥4,000
主催
  • 一般社団法人 チーム医療フォーラム
賛助・展示協力企業
  • 株式会社クリニコ
  • 株式会社リクルートメディカルキャリア

当日のご参加を受け付けています。

直接会場までおこしください。

お待ちしています。