「介護って大変なお仕事ですね」とよく言われます。確かにそうかもしれませんね。重労働というイメージだし、つい最近も聞くに堪えられないニュースもありました。その一方で、一つ一つの「触れる」を大切にしたケアを実践している人達もいます。
この秋田にも、ケアの根拠を学びその方の尊厳を大切にして意思決定を引き出しながら「ワンケア・ワンギフト・ワンリハビリ」の精神で繋がっているケアが大好きな「ち~む秋田」というグループが存在します。日ごろの仕事では、「説明と同意」の難しさに直面しながらも、ある一つのボランティアケースを拠点にさせていただきながら、私達が深め合ってきた学びと絆について、聞いていただけたら幸いです。目の前にいる方へ思いを伝えるこの「手!」技を織り成すこの「手!!」本当にごくごく基本的なことですが、この手一つで伝わることの多さを、素晴らしさを皆さんに伝えたいのです。