薬学部で学んでいる時に、今後高齢化が進んでいく中で、薬局薬剤師も在宅医療に積極的に関わらなければいけない時代がやってくるのではないかと考えていました。そして今、通院困難な方の自宅まで薬を届け、生活に寄り添った服薬支援や本人だけではなく、介護者支援も考えていかないといけない在宅医療に携わることで薬局の中だけでは出来ない経験が出来ています。それは、薬学生の頃想像していたよりもはるかにやりがいを感じることができる経験です。

その一方、薬を届けるだけの関係になってしまっている方、多職種の方々との連携の取り方などに頭を悩ませ、薬剤師の専門性って何なのだろう…と日々葛藤していました。

学生の頃の理想と現場の間には色々なギャップもあります。だからこそ、目の前の患者さんの事を考え、自分が学んできた事を思い返すと、「もっとできるはず!」と思うようになりました。

今回このような場で在宅医療に関わる中感じている想いを発表してみないかというお話を頂きました。経験も少なく不安もありますが、せっかくのチャンスなので精一杯今の想いを伝えられるように頑張ります!