2011年3月11日、東日本大震災が起こった。日ごとに明らかになる震災の被害に「自分にできることはないだろうか?」という思いが強くなり、被災地で医療ボランティアとして活動した。
活動の中で、気仙沼で必要とされていることは、歯や入れ歯の治療だけでなく、口から食べて飲み込む「摂食嚥下」であることを痛感した。またその活動を通じて、小山珠美看護師と出会い「口から食べる」技術を学んだ。
震災後、気仙沼に移り住み、5年が過ぎようとしている。私はこの気仙沼で「口から食べる」ことに従事し、多くの仲間ができた。震災の傷跡は未だ癒えないが、「口から食べる」ことは人を笑顔にし、生きる希望を与えることを経験した。
超高齢社会の日本において、「口から食べる」ことは、更に必要とされるだろう。
私は歯科医師として「口」から人生を支えることを、これからも続けたい。