テーブルに並ぶごちそうは まるで芸術作品の美しさ 口の中でとろけて 鼻に抜ける風味 「美味しい!」と感動できる幸せな時間 “最期までこんな幸せな時を刻みたい” 三鷹の歯科医院在勤時に 在宅診療・嚥下障害に出会い 「食べること」に悩む当事者・家族に出会い 医療の限界を感じる中で湧き上がった問い 「医療の枠を超えて自分にできることは何か?」 そうして「三鷹の嚥下と栄養を考える会」は生まれました 「人間、最後に残るのは“食とエロ”」 そんな「超真面目な悪ふざけ」の企画「kaigoスナック」を通じ 街の飲食店で嚥下食を食べつつ知識を得られる ゆるく楽しい場を作ってきました そして私たちは新たな取り組みを始めます 今、様々な場面で「境界をなくす」というパラダイムシフトが起こりつつあります 例えば 認知症の人とそうでない人 「違い」はどこから生まれるのでしょうか 私たちは嚥下食と常食の境界をなくしたい 障害があってもなくても 美味しいと感動できる食事を当たり前にしたい 私たちの挑戦が始まります