加齢に伴い低下した機能を補うためのアイテムとして、「老眼鏡」「杖」「義歯」などが­あります。しかし、それらよりも強い抵抗感が「おむつ」にはあります。現在、大人用紙­おむつの生産量が乳幼児用紙おむつの生産量を超える時代へと変化しつつあります。ニー­ズが高くなっている割にはU n h a p p y のイメージが強い、その理由とは? 「おむつ」事体が人をU n h a p p y にさせるのでしょうか? 『おむつが必要な時に恥ずかしい思いをさせない』 『おむつが必要な人をH a p p y にするためにできること』をB u s i n e s s M o d e l G e n e r a -t i o n に当てはめて考え、その先に見えてきたものとは・・・。