高齢化率の上昇に伴い、「多職種で連携して対応しよう!」とよく耳にしますが、職種の間には相変わらず高い壁があるし、崩すチャンスもないし、とても連携なんかできないよと思っていませんか?でも、安心してください。そう思っているのは、あなただけではないのです。みんな、同じ壁にぶつかり乗り越えてきて今、日本中で多職種連携のWAVEが起きています。その中のひとつである秋田食介護研究会は、『食べることは健康の入り口 いつまでもおいしく食べられる秋田を創る』という理念のもとに人を創る、地域を創るための活動を展開する足掛け9年になる多職種からなる団体です。今回は、その活動の紹介と連携を構築するタイミングのつかみ方、拡げ方について自分たちの経験からプレゼンします。そして、想いを同じにした各分野の草莽の志士である皆さんが集まる、まさに今日こそがさらなる連携を始めるためのビッグチャンスであることも忘れず付け加えておきます。