私は「仙台市で地域包括ケアシステムを具現化の為、専門職がしっかりと力を発揮できる仙台にする」をミッションにささかまhandsという団体を立ち上げ専門職の「顔・腕・想い」が見える活動をしています。
仙台では、今まで以上に素晴らしいケアが展開されるようになってきました。
そのひとつの要因として、様々な専門職が「ささかまhands」を通じて繋がり、統合し、チームが出来たからだと思っています。
そんな活動を通じて、仙台市民に質の高い医療・介護を提供する為に「一番大切なこと」とは?と考えるようになりました。
専門職の「顔・腕・想い」の見える活動をしている中で感じ始めた「一番大切なこと」をお話ししてみようと思います。