★次世代を拓く社会医療人のみなさんへ応援メッセージ★
「総合的医療面接能力」は、皆さんが培っていく知識と技術、経験を活かして、自ら納得のいく質の高い結果を生み出すための「必要不可欠な臨床能力」です。

患者さん・ご家族の医療への満足度・生命予後・QOL等、人生に大きな影響を与えます。

皆さんの資質や経験に頼るのではなく、一定のトレーニングと学習によって上達し、持続します。

医療面接には「形 も こころ」も必要です。

形とこころが発達段階に応じて絡み合って磨かれていきます。

皆さんには目の前の大変さに流されたり、現実の厳しさに押しつぶされたりすることなく、それぞれの目標を設定し、「Teaching is Learning」を実践しながら「形にこころを注ぎ込む」ことを日々積み重ね、生涯に亘ってしっかり学び続けてください。

自分の思い描く10年後の姿に向かって、夢と誇りをもって一歩一歩着実な歩みを進めていかれますようエールを送る気持ちで支援し続けます。