「一つの不幸も見逃さない」のが社会福祉協議会の役目だと、出来ることから始めたひきこもり等支援事業でした。「ひきこもり状態だったけれど無力な人たちではないゾ」と思いつつ、ひきこもり者の力を地域づくりに活かそうと試行錯誤するうちに、何故か、全国から注目を浴びることになっています。こうなればもう、ついでに、地域で暮らす方々を支援する人・される人に分ける福祉の常識をほんの少し変えてみようと、くたびれたオバサンの胸に野望が生まれております。そこで、今年度から藤里町では、全員参加の地方創生事業に挑戦しております。高齢になっても、障害を持っても、ひきこもり状態を経験しても、デイサービス等の介護が必要になっても、参加の意志さえあれば参加は可能な筈です。そんな、藤里町の「町民すべてが生涯現役を目指せるシステムづくり事業」に、どうぞご期待ください。