私たちは、命(いのち)と関わるすべての縁を大切にし、生命(いのち)が育まれた心の故郷を尊重したい。

そして「コミュニティケア」と「ケアの文化の創造」を通じて地域に貢献したいのです。

 

私たちが実践してきたのは、患者さんや家族の心と体に寄り添う緩和ケア。

どのような障害や死に至る病であっても、決して諦めないで・・・。

「生きててよかった」を重ねましょう。

どんな絶望的な状況であったとしても「いのち」は素晴らしい。

生きて、人間的成長を感じましょう。

病と共に生きていくことを受け止めながら、夢を叶えましょう。

愛する家族や支えてくれる仲間がいる。

この地に生きているからこそ、ふれあえることの幸せ。

共に生きることを大切にした「コミュニティ緩和ケア」。

いのちをもっと輝かせましょう。いっしょに!