高齢者医療の場で看護師をしていた私は 最期まで複数の管に繋がられ、 亡くなっていく方をたくさん見てきました。 「これは本当に必要な治療なのか」 「本当にご本人が望む最期の姿なのだろうか」 疑問や葛藤を感じました。 そんな時に出会ったのが “メイクセラピー”。 認知症でいつも無表情だった80代の女性患者さんに 看護学生がメイクセラピーだと言ってマニキュアを塗りました。 マニキュアを塗られたその方は ずっと自分の爪を見つめ 私の声掛けに 見たことのない愛らしい笑顔を見せてくれました。 認知症があっても ご高齢であっても 療養中であっても 「きれいになること」は幸せなこと。 私たちと何も変わらない。 そして 「きれい」は自分自身を慈しむこと。 「きれいね」と、周りから声を掛けてもらえることは 周りの存在を再認識できること。 自分の存在を認めてもらえること。 肌に触れ 心に寄り添い 美しく彩る  そんなメイクセラピーを ケアの1つとして広げています。