今日が人生最後の日だったら、皆さんは、どんな気持ちになるでしょう?

人生最後の日で思うことは、やり残したことや後悔かもしれません。なんで私がこんな目にあわなくてはいけないのですか?という苦しみを前に言葉を失う場面です。

人の最後に関わるということは、ただ痛みを和らげたり、看取りに立ち会ったりするだけではありません。

このような苦しみを抱えた人への援助を、子どものわかる言葉で伝えることができますか?

決して不可能なことではありません。

私は2000年から、学校でいのちの授業を行ってきました。たとえ解決が困難な苦しみを抱えた人であったとしても、苦しみを通して学ぶ自らの支えに気づく時、穏やかさを取り戻すことができます。

これは決して一部のエキスパートだけが行える援助ではなく、私たちすべてが行うことができる援助です。苦しみから人は多くのことを学びます。そして学ぶのは患者さんだけではありません。私たちも学びます。

こんな魅力的な仕事はありません。
一緒に学びませんか?