山形県、西村山郡にて在宅療養患者の訪問リハビリ活動を行っています。

力を入れているのは「足ビリテーション」。

足から健康になるリハビリテーションを展開しています。

在宅療養者や高齢者の足は巻き爪や肥厚などの爪変形や皮膚・血管系などのトラブルが多く見られます。

介護、医師、看護、リハビリ、薬剤師、栄養士などが協力し、協働することで、切断などのリスクを軽減し、更には介護度を軽くする取り組みを行っています。

『立ちましょう』『歩きましょう』とリハビリではよく言いますが、その前に、『立てる足』『歩ける足』をしているのか?

立ち方、歩き方などの動作面での問題の分析や身体機能評価の他、靴、環境、衛生、家族環境、経済状況、活動など多角的に捉え、『足』について指導や啓蒙活動を行っています。

「足元から介護予防」チームワークで地域の活性を図っています。