管理栄養士の訪問栄養食事指導ってご存知ですか?

「栄養指導」なんて、在宅に必要ないって思われる方もいらっしゃるかも知れません。

「難しい。」「面倒くさい。」「在宅に病院を持ち込むな。」「ターミナルの患者さんに栄養士が来て何をやるの?」

私自身も色々な事を言われました。

でも訪問栄養が目指すのは、病院の栄養指導とは少し違う在宅の食支援です。

美味しいものを食べたら自然に笑顔がこぼれますよね。

一人で食べる食事は味気ないけど、同じものでも好きな人と食べたら美味しく感じたりしませんか?

管理栄養士は、在宅の患者さん、介護されているご家族に笑顔をお届けできると思っています。

最期まで口から食べて、自分の暮らしたい場所で、自分らしく元気で活き活きと生活できるように、「食」と「栄養」がお役に立ちます。

「笑顔の栄養学」で、介護する人もされる人もHAPPYに!!

全国に笑顔の輪を広げていきたいと思います。