私たちを元気づけて癒してくれる音楽は私たちの中にあります。 輝くような喜びとともに、また、孤独の影のように、私たちの記憶に寄り添っています。 音楽療法士は、その音色に耳を澄ませます。 どんなに悲しみや苦しみの壁が厚くても、その音色は、見つけられるのを待っています。 「み~つけた♪一緒に遊ぼうよ!」 流れる時間の「今、この時」のかけがえのなさを胸に、命いっぱいの音楽のお話です。