病気と闘っている方々は健康な人には気付くことができない不安を抱えています。 自分の住んでいる街で自分の病気を心配することなく、家族や友人と時を楽しむことができればこんな素晴らしいことはないと思いませんか?

私たちは、東日本大震災からの一日も早い復興と、一人でも多くの方々に健康な生活を取り戻していただくことを目的に「医食同源プロジェクト・宮城カルテ食堂」を発足いたしました。

この宮城カルテ食堂は、宮城県民の食に対する意識を高めながら、ヘルシーな外食ができるまちを目指し、東北公済病院のご協力を得て、「栄養学・生活習慣病と食との関係・食育・低カロリー低塩メニュー調理法など」についての講座を開催します。この講座を受講修了し、認定委員会で承認されると、「宮城カルテ食堂」認定マークが授与されるというものです。「宮城カルテ食堂」認定マークのあるお店では、健康に心配のある方も安心して外食ができるというわけです。

飲食店と被災地、医療が手を結び、「心とからだの健康」をテーマに街と人を元気にしたい。

おすすめレシピや、宮城カルテ食堂認定店をご活用いただき、一人でも多くの皆様が、食をとおして、生き生きとした毎日を過ごしてほしい。

それが私たちの願いです。