みなさんの「在宅医療」のカードの中には歯科医師・歯科衛生士はありますか?

私たち歯科は一般的な外来で行う「虫歯」「入れ歯」「歯周病」などの治療だけではなく、在宅でどうすれば安全に栄養摂取できるかを、食事姿勢や食形態・一口量・食事スピード・咀嚼などといった点を見ながら、多職種と一緒に検討・指摘したりします。

病院入院時には経口摂取が難しいと判断されていたのが、環境の変化や時間の経過により、在宅に戻ると誰もが驚くような事が起こることがあります。

また、ターミナル期であったとしても、お楽しみで口から好きな物を味わい、感じることで最期の大切な時間を過ごすこともあります。

私たち歯科医師・歯科衛生士というカードをもっと知っていただくことで、一人でも多くの看者や家族が「○○しとけばよかった」と悔いを残すことが減ればと思っております。